気になるムダ毛

医療レーザー脱毛の効果とリスク対策

医療レーザー脱毛がもたらす効果・リスクについての情報

医療レーザー脱毛の効果とリスクについて詳しく解説します。

 

毛質や肌質の違いによる個人差はあるものの、医療レーザー脱毛を受けたほぼすべての人たちは、高い脱毛効果を実感します。永久脱毛効果があるので、一度、脱毛が完了してしまえば、以後はほとんど毛が生えてきません。料金や通院期間なども考慮すると、脱毛を希望する人たちにとっては非常に満足度の高い脱毛法となるでしょう。

基本のおさらいですが、医療レーザー脱毛の施術は、1回で終わるわけではありません。個人差はありますが、だいたい5~6回の通院・施術が必要です。通院頻度は約2ヶ月に1回。この通院中、施術回数を重ねるごとに、徐々にムダ毛が減っていく流れになります。中には、1回や2回の施術を終えた段階で、ほぼ毛が見られなくなる人もいます。

医療レーザー脱毛は、毛質によって脱毛効果に違いがあります。基本的には太い毛、強い毛に対する脱毛効果が高いため、たとえばワキやVライン、人によっては手足などの毛は効率よく抜けます。

一方、細い毛や色の薄い毛の脱毛が、あまり得意ではありません。産毛、白髪、栗色の毛などは、レーザーが上手に反応しないため脱毛効果が及ばないこともあります。また、長年の自己処理によって毛穴が変形している場合にも、なかなかうまく脱毛できないケースがあります。

脱毛を決意する背景には、人によって様々な理由があると思いますが、多くの人は「長年の自己処理から解放されて、今後はムダ毛のことを考えたくない」と考えているはずです。そのような人にとって最も満足度の高い脱毛法が、医療レーザー脱毛と考えて良いでしょう。

 

医療レーザー脱毛を受ける前に、考えられるリスクを理解しておきましょう。ほぼ必ず起こるリスクと、実際にはほとんど起こらないものの理論的には起こりうるリスクとがあります。

赤み

ほとんどの人において、施術直後には肌の赤みが見られます。人によっては、赤みとあわせて点々としたむくみのような症状が起こる場合もあります。

これは、レーザーによる熱量の影響。熱量が特にたまりやすい毛の濃い部位(ワキ、Vライン、男性のヒゲなど)では、赤み、むくみ、ヒリヒリ感などが著しく生じる場合もあります。

この症状は、通常、施術の翌日には治まるので安心してください。ほぼ確実に起こるリスクという理由で、施術当日に軟膏を無料で処方してくれるクリニックもあります。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛穴が赤くなりニキビのようなものが顔に点々と広がったり、場合によってはその赤い点々に痛みを伴ったりする症状が毛嚢炎です。

これは、レーザーによって肌表面のバリア機能が低下したことが原因。バリア機能が低下した状態で毛穴に雑菌が入ってしまい、その結果、毛穴が炎症を起こした状態です。

すべての人に起こるリスクではありませんが、万が一、毛嚢炎と思われる症状が現れた場合には、施術を受けたクリニックに相談しましょう。重症化するケースはほとんどないので安心してください。

火傷

まれですが、医療レーザー脱毛で火傷を負うケースもあります。

医療レーザー脱毛とは、レーザーによる熱の力で毛根を破壊する施術。熱の力をうまく調整できず、毛質や肌質に合わない不要なパワーまで出してしまった場合には、火傷にいたることもありえます。

脱毛器の出力が弱すぎると脱毛効果が薄れ、逆に強すぎると火傷のリスクがあります。通常、毛質や肌質、部位などの個人差によって出力を微調整しながらレーザーを照射するのですが、経験の浅い担当者が施術した場合には、この微調整が上手にできない場合があります。

硬毛化・増毛化

硬毛化・増毛化とは、レーザーを照射した部分の毛が除去されるどころか、逆に濃くなってしまったり、増えてしまったりする症状のこと。今のところ原因は不明ですが、産毛などの薄い毛の部位では、比較的よく見られる現象です。

硬毛化・増毛化を起こした毛は、レーザーの再照射を受けることによって問題なく除去されます。ただ、硬毛化・増毛化によるレーザーの再照射を無料で行なってくれるか、または追加料金を請求してくるかは、クリニックによって対応がマチマチ。決して珍しくない症状なので、クリニックの対応については事前に確認しておくようにしましょう。

また、硬毛化・増毛化を防ぐために、脱毛箇所によって使用するレーザーの種類を使い分けるというクリニックもあるようです。そういった対応ができるかどうかも、チェック項目に加えておくと良いかもしれませんね。

打ち漏れ

レーザーをあてるべきところにレーザーがあたっておらず、毛が残ってしまうことを打ち漏れと言います。レーザー照射を受けてから2~3週間たっても立派な毛が残っていた場合には、その毛は打ち漏れの可能性があります。

原因は施術者の技術力。経験の浅い施術者が担当すると、打ち漏れのリスクがあることを承知しておきましょう。

打ち漏れで残った毛は、レーザーを再照射すれば問題なく除去されます。再照射に追加料金が課されるかどうかはクリニックによって対応が異なりますので、契約前に確認をしておきましょう。

九州の脱毛クリニック完璧navi

このHPは2016年6月に第三者が調査した内容を基に作成しています。
料金やプラン内容など、詳しくは各公式サイトへお問い合わせください。

Copyright (C) 福岡の脱毛クリニック完璧navi All Rights Reserved.