気になるムダ毛

医療レーザー脱毛の仕組みとメリット・デメリット

医療レーザー脱毛のメカニズムを解説

医療レーザー脱毛の仕組みや、メリット・デメリットなどについて詳しくまとめました

 

医療レーザー脱毛とは、医療機関で提供している一般的な脱毛施術のこと。医療機関でしか扱えない専用の脱毛器を使用して施術を行なっています。

医療レーザー脱毛の最大の特徴は、永久脱毛ができる点。脱毛サロンの光脱毛では永久脱毛ができません。また、針脱毛・ニードル脱毛では、永久脱毛はできるものの、一つ一つの毛穴への施術が必要となるため、広範囲の脱毛を行なうには数年がかりになり現実的ではありません。その点、医療レーザー脱毛は、1年程度という短い通院期間で広範囲の永久脱毛ができるため、多くの人たちにとって、他の脱毛方法よりも満足度が高いと言われています。

なお、現在の医療現場で使われている脱毛器は、大きく3種類の系統に分かれています。アレキサンドライトレーザー系、ダイオードレーザー系、ヤグレーザー系です。

最もメジャーな医療用脱毛器はアレキサンドライトレーザー系。症例数が世界で最も多く、高い脱毛効果と安全性を誇ります。また近年、日本ではダイオードレーザー系の脱毛器も広く導入されるようになりました。日本人を含めたアジア人の肌質によく合った脱毛器として知られています。男性のヒゲなど、太くてしぶとい毛の脱毛にはヤグレーザー系が用いられることもあります。

いずれの系統の脱毛器も、アメリカFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)によって安全性が認められているので、正しく使用している限り、著しい肌トラブルが起こることはほとんどありません。

 

医療レーザー脱毛に使用されている脱毛器には、主に上記の3種類の系統がありますが、それぞれに共通する点が「黒い色を選択してレーザーが照射される」ということ。レーザーが照射されると、その黒い部分は熱を帯び、やがて組織が破壊されていくメカニズムとなっています。つまり、毛(黒い部分)を選んでレーザー光線が集まり、毛の根元から熱で組織を破壊する、というのが医療レーザー脱毛の仕組みです。

医療レーザーには単一の波長が設定されていて、その波長に合う対象物でない限り、レーザーは照射されない仕組みとなっています。もちろん医療レーザー脱毛器は、毛に反応する波長に合わせて作られているので、黒い毛には反応します。一方で、色の薄い皮膚には反応しません。医療レーザー脱毛において火傷などの肌トラブルが少ない理由は、この「単一に設定された波長」にあるのです。

なお、黒い対象物にレーザーが集まるよう波長が設定されているため、ほくろ、シミ、極端に日焼けした肌には、レーザーが集中してしまって火傷を負うリスクがあります。逆に、産毛は色素が薄いためレーザーが反応しにくく、脱毛ができないこともあります。

 

医療レーザー脱毛のメリット、デメリットを詳しく見ていきましょう。

メリット

・永久脱毛が可能

サロンの光脱毛・フラッシュ脱毛、自己処理のブラジリアンワックス脱毛などとは違って、医療レーザー脱毛では永久脱毛ができます。長年、ムダ毛の処理に悩まされてきた方には、最も適した脱毛法と言えるでしょう。

・施術前に医師が診察してくれる

初回の脱毛をする際には肌や毛の状態を医師が診察し、一人ひとりに合った脱毛器の選択、また脱毛器の出力調整などを行なってくれます。

・医療従事者が施術してくれる

実際に脱毛の施術をするのは、医療従事者。多くの場合は看護師が担当します。医療経験が豊富なので、万が一の肌トラブルにもすぐに対応できる点がメリットです。

・1回の施術時間が短い

脱毛器の機種によってはレーザーの照射範囲が広いため、たとえば両ワキであれば、わずか5分で施術が終わることもあります。仕事帰り、ショッピングのついでなど、ちょっとしたすき間の時間に施術を受けることもできます。

・脱毛完了までの期間が短い

脱毛サロンで使用している脱毛器に比べてパワーが強いため、施術の回数が少なくて済みます。一般的には2ヶ月に1度、5~6回の施術で脱毛が完了するため、ほとんどの人は1年程度で脱毛を終えることができます。

・万が一の肌トラブルにもすぐに対応が可能

医療レーザー脱毛を行なっているのは医療機関(病院)なので、万が一、火傷や炎症などの肌トラブルが生じた際にも、その場ですぐに治療をしてもらえます。

・痛みが強い場合には麻酔の使用が可能

医療レーザー脱毛は、サロンの光脱毛に比べて痛みが強いとされますが、医療機関なので麻酔を使って無痛にすることもできます。

・美肌効果も得られる

医療レーザー脱毛に使われている脱毛器は、美容クリニックで美肌治療に使われている機器と同じ種類。そのため、脱毛効果のみならず美肌効果まで同時にゲットすることが可能です。

デメリット

・保険が適用されないので料金が高め

施術をしてくれるのは医療機関ですが、脱毛は自由診療となり保険がききません。よって、ケガや病気の治療に比べて料金が高額となります。

・痛みを強く感じることもある

脱毛サロンの光脱毛に比べると、医療レーザー脱毛は痛みが強めです。部位によっては、激痛を伴うこともあります。痛みに弱い人は、麻酔をしてもらったほうが良いでしょう。

・土日や深夜に休診しているクリニックも多い

深夜まで営業している脱毛サロンとは違って、医療機関の場合は比較的早めの時間に閉院してしまう場合があります。クリニックによっては、仕事帰りに立ち寄ることができない可能性もあります。

九州の脱毛クリニック完璧navi

このHPは2016年6月に第三者が調査した内容を基に作成しています。
料金やプラン内容など、詳しくは各公式サイトへお問い合わせください。

Copyright (C) 福岡の脱毛クリニック完璧navi All Rights Reserved.