自宅できる、自分で脱毛する方法をご紹介します。自宅で脱毛ができればサロンやクリニックに行く手間も省けて、コスパも良好です。

 

家庭用脱毛器

家電量販店などでも簡単に手に入る家庭用脱毛器。個人差があるものの、使用しているほとんどの人に、大なり小なり脱毛効果が見られると言われています。中には、自己処理がほとんど必要なくなったという人もいます。

主要な機種は、フラッシュタイプやレーザータイプ。光やレーザーの力で毛根を弱らせることで脱毛を促します。原理としてはサロンやクリニックの脱毛と同じなのですが、安全性の確保という点から、出力を大幅に制限されている点がデメリット。脱毛効果に個人差が出てしまう原因になります。

ただ、サロンやクリニックで脱毛をしたくても、金銭的な理由や時間的な理由で、なかなか通うことができない人もいるでしょう。そのような人たちにとっては、家庭用脱毛器が救世主となること間違いなしです。機種の特徴をよく理解したうえで、自分の目的に合った家庭用脱毛器を選ぶようにしましょう。

脱毛クリーム

ムダ毛を気にしている多くの人が、一度は脱毛クリームを使ったことがあるでしょう。かつては独特のツンとするような刺激臭が特徴でしたが、最近では芳香タイプの脱毛クリームも多く見られるようになりました。

使い方は、ムダ毛の気になる部分にクリームを塗るだけ。そのまましばらく放置していると、毛は根元から溶解されていきます。毛穴の深い部分から毛が抜けるため、カミソリでの自己処理に比べると毛穴が目立たず、見た目としてはキレイに仕上がります。

ただ、効果に持続性がなく、一時的にはキレイに毛が抜け落ちますが、ほどなく毛は再生します。そのため、「急きょ、明日海水浴に行くことになった」という緊急事態に備えておくのがベストな使い方です。

なお、脱毛クリームに含まれるチオグリコール酸カルシウムは、肌への刺激が強いことで知られる成分。肌質・体質に合わない人もいるので、脱毛クリームを使用する際には、必ず事前にパッチテストが必要です。

脱毛ワックス

はちみつを主成分としたトロトロのワックスを肌に塗り、その上に専用のテープを貼って数分間放置。固まったら一気にテープを剥がします。一度に広範囲の脱毛が可能で、しかも毛が根元から抜けるため仕上がりが美しいのが特徴。部位によっては激しい痛みを伴いますが、多くの人は「想像より痛くない」と言います。

価格は1セット3,000円くらいからあります。1セットだけでも数回分の脱毛が可能なので、サロンやクリニックに通うよりははるかにお得です。即効性もあることから、緊急で広範囲を脱毛したい方には、ぜひともおすすめの脱毛グッズです。

永久脱毛とは異なるため、ワックスで脱毛してもやがて毛は再生します。ただ、脱毛クリームに比べると、ツルツルの期間は長め。毛の生えるスピードが遅いタイプの人ならば、ワックスで一度脱毛するだけで8週間くらいツルツル肌を維持できます。まだワックス脱毛を試したことのない人は、一度トライしてみる価値があるでしょう。

毛抜き

昔からの定番脱毛法が毛抜きです。毛抜き自体は100円ショップなどでも手に入るので、あらゆる脱毛法の中で最もコスパの良い方法と言えるでしょう。ちょっと気になる毛だけをピンポイントで抜いたり、また、毎日の習慣として少しずつ抜いたりなど、使い方は人それぞれのようです。

非常に手軽で便利な毛抜き脱毛ですが、やり方はただ強引に毛を抜くだけなので、埋没毛や毛嚢炎の発症など、いくつか注意しておくべき点があります。また、毛抜きで抜いた部位が紫外線を浴びると色素沈着を起こす可能性もあり、毛抜きでの脱毛はおすすめできません。ただし、どうしても毛抜きで脱毛しなければならない理由があるならば、少しでもリスクを低減させる方法を理解しておくことが大事。衛生面に気を付けて毛抜きを使うこと、毛の生えている方向に毛を抜くこと、毛抜きの後は最低でも3日間はケアをすることなど、正しい毛抜きの方法を身に付けてから脱毛を実践しましょう。

九州の脱毛クリニック完璧navi

このHPは2016年6月に第三者が調査した内容を基に作成しています。
料金やプラン内容など、詳しくは各公式サイトへお問い合わせください。

Copyright (C) 福岡の脱毛クリニック完璧navi All Rights Reserved.