ここでは、脱毛クリームの効果や口コミをご紹介します。

 

使ったことがある人も多いであろう、脱毛クリーム。脱毛効果のあるクリームをムダ毛が気になる部分に塗り、しばらく放置してから洗い流すと脱毛が完了という、とても手軽な脱毛グッズです。脱毛クリームは昔から薬局などで市販されており、今でも広く根強い人気があります。

脱毛クリームには、チオグリコール酸カルシウムという成分が含まれています。この成分には、ケラチンタンパク質を溶かす性質があります。毛はケラチンタンパク質で出来ているために、クリームの作用によって毛が溶けていくという仕組みです。

簡単に脱毛できるというメリットの一方で、肌への刺激が強いというデメリットも忘れてはなりません。チオグリコール酸カルシウムは肌荒れなどを誘発することもある刺激の強い成分なので、クリームを使う際には、かならずパッチテストが必要。体質に合わない人もいるので、使用する際には要注意です。

なお、脱毛クリームの値段はピンキリですが、通販などでは1,000円前後から手に入ります。楽に一気に脱毛できることを考えれば、コスパは悪くないと言えるでしょう。

 

脱毛クリームが触れた毛は、まるで溶けるようにしてスルスルと抜けていきます。毛穴の奥にクリームが浸透すれば毛が深い部分から抜けるため、カミソリでムダ毛の自己処理をする場合に比べて毛穴が目立ちにくくなるでしょう。

その一方で、毛根の一番深いところまでは効果が及ばないため、ほどなくして同じ毛穴から毛が再生してきます。その意味では「脱毛直後はカミソリよりもキレイに処理されるものの、脱毛効果はカミソリと同じ」と考えて良いでしょう。

なお、脱毛サロンでは毛根に一定のダメージを与えることができるため、毛が再生するスピードは遅くなります。また、たとえ毛が再生したとしても、施術前に比べて毛が細くなることもあります。さらに、クリニックではレーザーが毛根を破壊するため、基本的に永久的な脱毛が可能。これらは脱毛クリームと大きく異なる特徴といえます。

サロンやクリニックのような脱毛効果を、脱毛クリームに期待することはできません。ただ「急きょ、明日海水浴に行くことになった」などという緊急事態にはとても重宝されるグッズ。常に未使用の脱毛クリームを1本手元に置いておけば、とても安心です。

 

脱毛クリームと一口に言っても、各メーカーからたくさんの商品が発売されています。値段や効果の説明もさまざまで、いざ買おうと思っても迷ってしまいますね。また、自宅で手軽に脱毛できる便利なグッズですが、きちんと自分に合ったものを選ばないと、思わぬリスクが待っていることも。

では、何を基準に選べば良いかというと、まず最優先すべきは肌との相性でしょう。クリームは男性用・女性用、ムダ毛が多い人用、少ない人用、さらに敏感肌用などの商品もあります。毛を溶かす成分の濃度が薄めだったり、美肌成分が配合されていたりと、それぞれ工夫がなされています。

脱毛クリームを使用する部位はどこか、というのも重要なポイント。腕や足といった部位なら問題なく使えることが多いですが、顔や脇の下、アンダーヘアなど、デリケートな部位には対応していない商品もあるのです。脱毛はできても痛みや炎症といったトラブルに見舞われては台無しです。使用部位の確認は確実にしておいた方が良いでしょう。

また、塗布時間も見逃せないポイント。塗布してから流すまでの時間が、短いものでは1分ほど、長いものでは15以上かかるものも。一般的に脱毛成分が濃い商品ほど短時間で効果が出ますが、肌に優しいタイプのクリームは脱毛成分が薄く、脱毛までにかかる時間が長いという傾向があります。

そのほか、水に流れにくいものや、臭いが抑えられているものなど、さまざまな特徴を持ったクリームがありますが、上記のポイントを押さえた上で、説明をきちんと見て選ぶようにしてください。

 

脱毛クリームのモニターとして使ったことがあります。ツンとした刺激臭がする商品もあるようですが、私が使ったクリームは臭いがありませんでした。脱毛効果も高く、肌トラブルもなし。肌の黒ずみも薄くなったような気がしました。

最近では良い香りの脱毛クリームも出ているみたいで、色々試しています。いまお気に入りの商品は、マリンブーケの香りのするクリーム。香りが良いだけでなく、除毛効果もバッチリです。待ち時間は5分と短くて手軽。これからの季節に大活躍しそうです。

手軽にムダ毛を処理できるので、脱毛クリームは手放せません。私の場合は毛深いこともあり、1回塗るだけでは産毛くらいしか抜けませんが、2回塗るとツルツルになります。肌が赤くなったこともないので、これからも使い続けていきたいと思います。

結構厚めに塗って10分放置したのですが、ツルツルには抜けませんでした。あちこちでツブツブに毛が残った感じです。やっぱりシェーバー使わないとダメかなあと思っていた翌日、ふと見るとツブツブに残っていた毛が完全になくなっていました。

肌が弱いタイプなので、低刺激の脱毛クリームを使ってみました。ただ、刺激を抑えすぎなのか、毛がちゃんと抜けませんでした。まだらな感じになり、かえって恥ずかしい感じに…。低刺激タイプは産毛だけに使用したほうが良いかも知れません。

左右のヒジ下に広く塗ってみました。塗るやいなや、全体的にヒリヒリしてきてびっくり。耐えられず、5分待たずに洗い流してしまいました。その後、毛穴はミミズ腫れのような状態に。商品によっては体質に合わないものもあるので注意が必要ですね。

 

脱毛クリームは、あくまでも一時的な脱毛に使用するグッズと考えておきましょう。肌への刺激の点から言っても、長期的かつ継続的に使用するものではありません。

ただ、一気に広範囲の毛をキレイに脱毛できるという点は、サロンにもクリニックにもない魅力。海や温泉などに行く機会が多い人は、いつでも対処できるよう、信頼できる脱毛クリームを1本だけ常備しておくことをおすすめします。

九州の脱毛クリニック完璧navi

このHPは2016年6月に第三者が調査した内容を基に作成しています。
料金やプラン内容など、詳しくは各公式サイトへお問い合わせください。

Copyright (C) 福岡の脱毛クリニック完璧navi All Rights Reserved.