気になるムダ毛

気になる副作用について

各種脱毛方法ごとの副作用を解説

ここでは、医療レーザー脱毛、光脱毛、針脱毛、自己処理による脱毛について、副作用や注意点をまとめています。安全に脱毛をするために、それぞれの脱毛法のリスクをしっかりと理解しておきましょう。

 

医療レーザー脱毛

医療機関が行なっている脱毛とは言え、可能性がゼロではないという意味で、いくつかのリスクがあります。

代表的なリスクは、火傷です。脱毛の施術経験の少ない医療従事者がレーザーを扱うと、一人ひとりの毛質・肌質に合わせた出力設定がうまく行かず、場合によっては火傷を引き起こしてしまう可能性があります。日焼けした肌や色黒の肌の場合でも、火傷のリスクがあります。

また、毛穴に雑菌が入って赤いブツブツが生じる毛嚢炎、レーザーを照射した部分の毛がかえって濃くなってしまう硬毛化・増毛化なども、医療レーザー脱毛のリスク、副作用として理解しておいたほうが良いでしょう。

ただし、これらのリスクは体調管理や適切なクリニック選びによって防ぐことも可能なので、しっかり調べておくと良いですね。

光脱毛

脱毛サロンの光脱毛で使われる脱毛器とは、ごく簡単に言ってしまえば、医療レーザー脱毛器のパワーを大幅に低下させたもの。そのため、注意点や副作用は、医療レーザー脱毛とおおむね一緒です。

代表的なリスクとしては、火傷、毛嚢炎、硬毛化・増毛化などが挙げられるでしょう。また、乾燥肌を招いたり、色素沈着を残したりすることもあるようです。

なお、医療レーザー脱毛と同類の副作用を持ちながら、脱毛サロンには医療従事者がいないという点も大きなリスクです。

針脱毛

針脱毛とは、毛穴に針を刺して電気を流すことで毛根を破壊する方法。それを聞いただけでも、ある程度のリスクが思い浮かびますよね。

代表的なリスクは火傷。毛穴に電気を流すわけですから、まれに火傷を負ってしまうことがあります。また、リスクとは言えませんが、1回1回の施術の痛みが激しい点も覚悟をしておいたほうが良いでしょう。

なお針脱毛は医療機関や一部のエステで行なわれている脱毛ですが、明確な医療行為になるため、医療機関で受けるようにしてください。

自己処理

自分で脱毛する方法としては、カミソリや毛抜き、脱毛クリーム、脱毛ワックス、家庭用脱毛器などが挙げられます。それぞれ実際にやってみた方ならお分かりと思いますが、多くの人に肌トラブルが見られるのが実情です。

たとえばカミソリの場合、いわゆるカミソリ負けが代表的なリスク。カミソリで剃った部分が赤くなったり、かゆくなったりすることがあります。毛を皮膚の内側に閉じ込めてしまう埋没毛という症状になる場合もあります。毛抜きでの自己処理でも、埋没毛のリスクが指摘されています。

脱毛クリームは、皮膚に刺激のあるアルカリ薬剤を配合しているため、長期間使用した場合や、または短期集中的に使用した場合、かぶれ、赤み、炎症を起こしてしまう可能性があります。

脱毛ワックスとは、乾いたワックスを一気にはがす脱毛法ですが、リスク以前に、とにかく痛いのが問題。はがすときには皮膚の表面も一緒にはがしてしまうため、かぶれや炎症などのリスクもあります。埋没毛のリスクも指摘されています。

家庭用脱毛器は、説明書にも記載がありますが、過度に使用することによって火傷を起こす恐れがあります。そもそも脱毛効果に疑問の声が多いため、費用面でのリスクを負う可能性があります。

九州の脱毛クリニック完璧navi

このHPは2016年6月に第三者が調査した内容を基に作成しています。
料金やプラン内容など、詳しくは各公式サイトへお問い合わせください。

Copyright (C) 福岡の脱毛クリニック完璧navi All Rights Reserved.