気になるムダ毛

医療レーザー脱毛の痛み対策

レーザー脱毛の痛み対策や痛くない施術についてまとめています。

こちらでは、クリニックにおけるレーザー脱毛・医療脱毛の痛み対策について解説します。

 

医療機関におけるレーザー脱毛の痛みについては、「痛い」「思ったほど痛くない」「耐えられない激痛」などの様々な声があります。 どれが本当なのかと悩んでしまう人もいるようですが、結論から言えば、「けっこう痛い」と考えておいたほうが良いでしょう。よく「輪ゴムではじいた程度の痛み」という説明を見ることがありますが、実際、それよりは痛いと感じる人のほうが多いようです。

 

クリニックでは、様々なシステム・方法で脱毛の痛み対策を行なっています。

脱毛器における冷却装置の搭載

レーザーが照射されると同時に、施術部位を急速冷却して痛みを軽くします。肌が冷たいときには感覚がマヒすることがありますよね。この発想を応用したシステムになります。冷却装置の代わりに、肌の吸引装置を搭載している脱毛器もあります。これは施術部分を引っ張って毛穴を広げることで、通常より低い出力のレーザーで施術ができるというものです。

脱毛器の機種の使い分け・出力の調整

一般に、VIOなど毛の濃い部分や、顔など皮膚の薄い部分は痛みが強いと言われています。こうした部位による痛みの違いを考慮し、クリニックによっては脱毛器を使いわけることがあります。痛みを感じやすい部位には、比較的痛みが少ないとされる、ダイオードレーザー系の脱毛器を使用しているクリニックが多いようですね。 また、レーザーの照射パワーを調整することでも、痛みを軽減させることができます。施術中に痛みを強く感じた場合には、遠慮なく施術者に伝えてパワーを調整してもらうと良いでしょう。

麻酔の使用

医療レーザー脱毛を行なっているクリニックは医療機関なので、エステサロンなどとは違って、麻酔の使用が可能です。一般には施術部位に麻酔クリームを塗る方法がとられますが、あまりにも痛みが激しい場合には局所麻酔を施す場合もあります。

 

なるべく施術の痛みを軽減するために、自分でできることは事前にやっておくことをおすすめします。以下の5点を意識しておきましょう。

普段から保湿をしっかり行なう

乾燥した肌は神経が過敏となり、痛みを感じやすくなります。施術前日はもとより、常日頃から保湿をしっかりと行なうようにしましょう。

日焼けをしない

極端に日焼けしてしまうとレーザーが誤作動してしまい、不要な痛みを感じることにもなりかねません。紫外線の強い時期に脱毛をする人は、日焼け止めクリームを使用して、しっかりと日焼け対策を行なってください。

施術当日はカフェインを摂らない

カフェインには神経を過敏にする働きがあるため、施術前にカフェインを摂ることで、余計に痛みを感じてしまうことがあります。施術直前に喫茶店で心の準備を整える人もいますが、くれぐれもコーヒーを飲まないようにしましょう。

施術当日に向けて体調を整える

風邪気味のときや二日酔いのときは、痛みが強く感じられます。施術当日に向けて、体調は万全に整えるようにしましょう。睡眠不足も痛みを強くする理由の一つと言われています。

生理中の脱毛は避ける

生理中は肌が過敏になっています。施術の痛みも強く感じる傾向があるので、脱毛は避けたほうが良いでしょう。医療機関のほうで生理中か否かを尋ねてくるのが一般的です。

九州の脱毛クリニック完璧navi

このHPは2016年6月に第三者が調査した内容を基に作成しています。
料金やプラン内容など、詳しくは各公式サイトへお問い合わせください。

Copyright (C) 福岡の脱毛クリニック完璧navi All Rights Reserved.