脱毛エステで営業的な勧誘を受けることがあります。勧誘を受けた際の切り返し方を、具体的に考えてみましょう。

 

かつて、エステサロンの強引な勧誘は社会問題化しました。当時に比べれば、今は強引な勧誘はほとんど見られなくなったものの、強引ではない普通の勧誘(普通の営業活動の一種)なら、ほとんどのエステサロンで見られます。

この普通の勧誘を「強引な勧誘」と受け取るか、または「洋服屋と同じ程度の普通の勧誘」と受け取るかは、人それぞれでしょう。ただ、ほとんどの脱毛サロンで、普通では考えられないような破格のキャンペーンを行なっていることからも分かる通り、次への契約へつなげたい意図があることは間違いありません。見方を変えれば、別の契約へつなげるために、利益の出ない破格のキャンペーンを実施しているのです。

この点を理解したうえで、大らかな気持ちで勧誘を受け、そして断れば良いのですが、なかなか人情的には難しいところです。もちろん、提案されたコースに興味があれば契約しても良いのですが、興味もなくお金もない場合には、きちんと断るしかありません。

 

クリニックでも適度な勧誘はありますが、クリニックはあくまでも医療機関です。営業勧誘がそこまで強引なことはありません。

一方で、エステサロンはお店です。一見、やんわりとした普通の勧誘に見えても、その裏には徹底したマニュアルが用意されており、エステティシャンのほとんどはそのマニュアルを暗記しています。お客さんの反応に対してどのように切り返すかなど、営業時間外でのロールプレイも盛んに行なわれていることでしょう。

あなたがキャンペーンでワキ脱毛を受けたものの、追加契約をするつもりは一切ないと仮定したうえで、パターン別に分けた勧誘の断り方を以下にまとめておきます。

パターン1:「別の部位の施術も受けてみませんか」

施術後のカウンセリングで、別の部位の勧誘をされることがあります。脱毛エステにおける勧誘の王道なので、特に強く拒絶反応を示す必要もありません。このような勧誘を受けた場合には、「ワキ脱毛にしか興味がありません。別の部位の脱毛には興味がありません」という趣旨のことを、やんわりと伝えましょう。どの業界においても、営業マンにとって一番苦手な切り返しは「興味ありません」だそうです。

パターン2:「キャンペーンの回数だけではちゃんと脱毛できませんよ」

エステのキャンペーンの中には、回数が指定されているものもあります。確かにエステの場合、5回や10回のキャンペーンでは完全な脱毛はできないでしょう。このような勧誘を受けた場合には、「はい。知っています。今回はお試しで来ただけなので、これで満足です。ありがとうございました」と切り返しましょう。

パターン3:「なんと今ならお得なコースが用意されています」

事後カウンセリングでは、とてもお得感のあるコースを提案してくることがあります。その類の勧誘を受けた場合には、お金の問題ではないことを伝えましょう。たとえば次のような切り返しです。「お得かどうかという問題よりも、確実に脱毛できるかどうかに関心があります。医療レーザー脱毛の体験も受けてみようと思います」。実際には気になるポイントですが、料金の高低には関心がない雰囲気を出していきましょう。

パターン4:「医療レーザー脱毛はすごく高いですよ」

これもパターン3と同じ切り返しが有効です。高いか安いかではなく、脱毛効果があるかどうかに関心があることを伝えます。あるいは、次のような切り返しでも良いでしょう。「エステの脱毛はすごく痛いことが分かりました。お金が高くても良いので、麻酔してくれるクリニックで脱毛することにします」などです。

勧誘を断りにくい性格の人も多いと思いますが、事前に返事を用意しておけば、少しでも楽な気持ちで勧誘をかわすことができると思います。様々なパターンを想定して、自分なりの切り返し方を考えてみてください。

九州の脱毛クリニック完璧navi

このHPは2016年6月に第三者が調査した内容を基に作成しています。
料金やプラン内容など、詳しくは各公式サイトへお問い合わせください。

Copyright (C) 福岡の脱毛クリニック完璧navi All Rights Reserved.